刺繍日記

2016年08月30日

先日、「鳥の目 虫の目 金子の目」企画で、
大変かわいらしいアートをご紹介しました。

我が子の「お食い初め」を描いた育児日記の1ページ。

刺繍日記

実は、赤いラインは糸なんです。
刺繍で描いた育児日記です。

金沢市在住のアート作家、門田枝美子(もんでん・えみこ)さんが綴っています。
毎日の育児は、大小の感動や、喜怒哀楽の連続。
門田さんは、日々の"ちょっとした想い"を、一針一針にこめて記録しているのです。

刺繍日記20160830-2ura

上の写真は1つが表から見た日記。
息子さんがダンゴムシを集めている様子です。

もう1つは、裏から見たところ。
糸で縫った刺繍だというのが、よくわかります。

さらには、布ではなくて「紙」に塗っているのも面白いところ。

私が感じたのは、「ママの目、子どもの目、アートの目」です。
下絵なしでいきなりブスッと紙に針を刺して縫い始め門田さん。
何もないところに、チクチクすること1時間。

何気ない生活の風景が、見事にアートになります。
心情までとらえたデッサン力に、間近で見て圧倒されました。

刺繍日記

私たちが取材にお邪魔した翌日の刺繍日記。

HABのカメラが縫いこまれていました。
日記の裏側には、暖かい言葉がつづられていました。

門田さんの作品は、
金沢21世紀美術館で開催中の展覧会「ぬう」の関連企画として展示されています。

日記なので、毎日「展示替え」に行っていますよ。

刺繍日記

8月12日の放送告知も、門田さんの刺繍で。

展覧会はあと少し。
ぜひ21世紀美術館に見に行ってください。
無料スペースのライブラリー沿いに展示されています。
これまでの作品はライブラリーの中にあります。

2人の子どもがすくすくと成長する様子を
刺繍日記の中で楽しめます。

九谷柄のタイツ

2016年08月11日

本日、紹介したいのはコチラ。

恩田アナ!

ではなく、恩田アナがはいているタイツです。

ツグ九谷

石川県の皆さんはピンとくるのでは?

九谷焼の伝統柄のタイツなんです。

若手デザイナーでつくるアパレルブランド「ツグ九谷」が開発。
今年のゴールデンウィークの「九谷茶碗まつり」でお目見えし、
HABスーパーJチャンネルのスタジオでも紹介しました。

美脚の恩田さんにお願いし、スタジオで披露してもらうことにしました。
どれをはいてもらおうか、私が選んでいると…。

「なんだこれ!」と報道フロアの皆さんがザワつきました。

ツグ九谷

放送後のスタジオ。
片付けていると、牧野アナ(男性)が現れ興味津々の様子。
男女兼用なので、デモンストレーションしてくださいとお願いすると・・・。
すぐにはいてポーズ。

スポーツ用のレギンスなどにも、こういうのがあったら面白い!
などなど話は尽きず・・・。

ツグ九谷のアイデア、今後も注目していきたいです。

おにぎり

2016年07月21日

お昼ご飯を食べ損ねるのは、この仕事では珍しくありません。
でも、ある日のこと…。

お腹が空いて、空いて、空いて…。
このままでは、放送に支障が出そうな気配。

「うわ〜お腹すいた〜」と声に出してしまいました。

すると…。

おにぎり

「おにぎりありますよ」と神の声。

恩田アナからおにぎりの差し入れが!
しかも手作りではありませんか!

おにぎり

迷わず、「いただきます!」

恩田さんのおかげで、
お腹の音を響かせることなく無事にオンエアにのぞめました。

感謝!

そんなこんなのJチャン迷コンビです。

岡さんぽ 町家のパン

2016年06月26日

風情のある大きな町家。
しょうゆの蔵元だった家です。
現在は、手作りパンの店。

金沢市大野町の、住宅地の中にひっそりとある「ヒコサ」。
岡幸二郎さんは、その扉を開け衝撃を受けていました。

ヒコサ

土間とお座敷。
畳上に、パンが少し並んでいました。
京都の老舗和菓子店のような作りです。

天井を見上げると、びっくりする高さ。
本当に立派な家なんです。

ヒコサ

ヒコサのパンは、ここにお住いの女性が一人でこしらえています。
余るほどたくさん作るのではなく、売れる分だけ焼くというスタイル。
電話で予約してから行くのがオススメです。

もともと、子育てをしながら趣味で習っていたパンつくり。
といっても、趣味の域を超える専門知識を学んでいます。

岡さんはピザパンがお気に入りでした。
一見、普通のパンなのですが、食べてみると、どこにもない味わい。

ヒコサ

私はガトーショコラに衝撃。
しっかりした生地なのに、かむ必要がなくとけていきます。
濃厚でありながら、ふんわりと軽い食感。
チョコの風味の広がりが細かく、大変上品です。

聞けば、カルピスバター、クーベルチュールチョコ、ヴァンホーテンココアなど、
厳選素材を使っているとのことでした。
"おばあちゃんのガトーショコラ"に一目ぼれ。

岡さんも私も、たくさん買い込んで帰りました。

しょうゆ蔵が有名な大野町だけど、それ以外の見所が実はたくさんあります。
レトロでアートでグルメな小さな町。
週末のお散歩にぴったりですよ。

以上、岡さんぽブログ版でした。

岡さんぽ しょうゆ蔵の陶芸工房

2016年06月26日

岡さん「今回は、どこ行くんですか?」

金子「大野町です。しょうゆ蔵がたくさんあります」

岡さん「行ってみたかったんです〜」

金沢に数えきれないほど足を運んでくださっている、ミュージカル俳優の岡幸二郎さん。
"大野町"というスポットをご存知なのはさすがです。

でも、今回は「しょうゆ蔵」めぐりではなく、"元しょうゆ蔵めぐり"。
しょうゆ蔵だった建物が、様々な形で活用されているんです。

たとえばこちら、「たくまポタリー」は陶芸の工房。

たくまポタリー

外観は、またしても通り過ぎてしまいそうな建物です。
一歩中に入ると、オシャレなギャラリーのように器が並んでいました。

たくまポタリー

そして広い!

三重県出身で全国各地で陶芸を学び、石川県に移り住んだ女性作家さんでした。
大野のしょうゆ蔵をそのまま工房にして、住まいも大野町とのこと。

金沢は新幹線効果で中心地のにぎわいは相当なものです。
が、ここ大野は、まだ静かな金沢が残っていて、ゆっくりとした時間が流れています。

かすかに発酵の香りが残る蔵の中で生まれる器たち。
本当に素敵です。

放送では紹介しなかったのですが、岡さんが興味を持ったのが…

たくまポタリー

2階?部分です。

高いところが苦手な岡さんですが、上がどうしても気になってはしごを登りました。

たくまポタリー

岡さん「ええっ???」

宅間さん「はい、そこ最高でしょ」

作品作りの合い間にくつろぐ、秘密基地のような場所だとか。
椅子やハンモックがあり、DVDを映し出すプロジェクターも。

カメラが回っていても、回っていなくても、岡さんはいつも自然体。
気になるものは、自分の目で確かめます。

あと、岡さんはしょうゆ蔵の音の響きを気に入っていました。
たまに、酒蔵コンサートを開くことがあるそうです。
いつか、大野町のしょうゆ蔵に、岡さんの歌声が響くといいな〜。

(岡さんぽ 続く)