HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

RSS

下田武史の初球から送りバント

スタンド応援

2018年6月5日

きょうは高校野球の話です。

高校野球の見どころの1つ、スタンドの応援が好きでよく観察しています。

去年秋の北信越大会、センバツをかけた準決勝で富山商業の応援を見た時に衝撃を受けました。

テンポが速くて、まとまっていて、球場全体を巻き込むような応援でした。私自身、スタンドで石川県の航空石川を応援しながら見ていたはずなのに、いつの間にか巻き込まれていました。

baseball_man9_white

以前、スタンド応援の効果について詳しい人に話を聞いたことがあります。「みんなで声を合わせて味方を後押しする」という意味合い以外にも
①アップテンポで球場全体を巻き込む
②威圧感で相手投手・守備陣にプレッシャーをかける
…というものがあるそうです。

mass_game_gogo

主なところでは、①に駒大苫小牧や早稲田実業、②には智辯和歌山の魔曲「ジョックロック」やPL学園の人文字などが該当するとのことです。

富山商業の応援は①に該当するのでしょう。1分間に約180拍で、平常時心拍数の2~3倍ものスピードは、守備陣への心拍数にも大きな影響を与えると考えられます。演奏する側の技術や体力も相当なレベルが要求されるので簡単にできるものではありませんが、その分グラウンドの選手たちには大きな後押しとなるのでしょう。

figure_ouen

逆にこうしたことを考えると、どんなに良い曲ではあっても小田和正やユーミン、ミスチルといった国民的歌手の曲のテンポは、その心地よさから「スタンド応援には適さない」というのです。心地よくて投手も守備も心拍数が整ってしまいそうですね。

music_noise_canceling

ちなみに…
今から20年以上前、私が高校球児だったころ、夏前に「ブラスバンド部が演奏できる曲のリスト」を渡されました。「全校応援をする際にこの中から選んで」というリストの中には、今から考えると平常時心拍数並みのスピードの曲がけっこうありました。でも演奏してくれるだけでありがたいんです。その気持ちだけで十分です。

結局、補欠だったので演奏されることすらなく下田少年の夏は終わったんですけど。

baseball_koushien_suna

下田武史

HABアナウンサー

下田武史

しもだたけし

誕生日:2月10日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:江戸川大学
担当番組:「HABスーパーJチャンネル」キャスター
「高校野球中継」など
趣味:野球・バドミントン
特技:送りバント(三塁線にきっちり転がします)柔道弐段(切れ味抜群の鮮やかな受け身が持ち味)

ブログトップへ

過去の日記