HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

審議会だより

「テレメンタリー2018 縄文 祈りの木柱列~日本海巨木文化の謎を追う~」

放送日時   10月28日(日) 深夜2時30分~3時
制  作   北陸朝日放送

能登町の真脇遺跡から発掘された環状木柱列(かんじょうもくちゅうれつ)の謎を追い、文化人類学の視点で縄文人の精神世界に迫りました。

●環状木柱列が、どんな目的でどのように使われたか、とても想像を掻き立てる。観る者を、縄文の時代に連れて行ってくれた。

●縄文の自然への畏敬の念が伝わってきた。縄文人の精神性を感じた。

●木柱列から見上げた星空や、太陽が後光のように差し込むシーンは、神秘的で番組の意図を上手く伝えたように思う。

●一つの説を断定的にとりあげることは、少し難がある。通説かどうか、誤解を生まないようにする必要があった。

●なぜ木柱列が信仰の対象になるのか、巨木文化そのものに対する疑問を、もう少し掘り下げてほしかった。

●番組をシリーズ化して、歴史ロマンにいざなってくれる続編をお願いしたい。

HAB番組審議会
表谷千賀副委員長、樫見由美子委員、前田昌彦委員、窪田隆之委員、山岸大成委員、河合真美江委員。※北春千代委員長はリポート参加。