新たに13人感染 カラオケ関係は58人に

8月14日 19時51分

県は新型コロナウイルスの感染者が新たに13人確認されたと発表しました。カラオケ大会関係の感染者は7人増え、合わせて58人となっています。14日に発表された感染者のうち、加賀市の70代男性2人、加賀市の60代男性、小松市の60代女性、能美市の40代女性、能美市の70代男性、能美市の80代男性の合わせて7人は、カラオケ大会の関係者でした。感染が判明した人と同じカラオケ店を利用するなどして、感染が広がりました。カラオケ大会関係のクラスターは、合わせて58人に拡大しました。感染者のうち、野々市市の20代女性、小松市の70代男性、金沢市の20代男性2人、金沢市の20代女性の合わせて5人は、感染経路が分かっていません。県のモニタリング指標のうち、経路不明の感染者数は2・7人、検査の陽性率は7・8%、病床の使用率は63・8%と、いずれも基準値を上回っています。