声掛けシートで電子マネー詐欺の被害防止へ

10月20日 17時31分

プリペイド式の電子マネーを悪用した詐欺の被害を防ごうと、被害者を見極めるポイントをまとめた声掛けシートを使った対応訓練が行われました。電子マネーを購入させ、その額面分の金額をだまし取る詐欺は、電子マネーの使い方を知らない高齢者が被害に遭うケースが多くなっています。金沢東警察署は、管内にある全てのコンビニに「電話をかけながら電子マネーの購入手続きをしている」「高額または複数回で購入している」といった被害者を見極めるポイントをまとめた声掛けシートを配りました。訓練では店長が、高額の電子マネーを購入しようとしている人に何に使うのかを聞き、警察に相談するよう呼び掛けました。県内では今年に入って9月末までに4件230万円の電子マネーを悪用した詐欺の被害が発生していて、コンビニでは29件の被害を未然に防いでいるということです。